「ほっ」と。キャンペーン

無痛分娩

d0082899_1526247.jpg
もうすぐ王子が誕生して1ヶ月☆

日に日に顔が変わっていくので、シャッターチャンスを
逃すまい!!っと、カメラ(携帯の)で撮影してみるの
ですが・・

カメラを向けた時に限って暴れる。。寝てしまう。。。
気ままな王子に振り回されております(^^;

この1枚は奇跡的にカメラ目線♪
さて、旦那様と私のどちらに似てるでしょうか?

話は変わって、今日は忘れてしまう前に無痛分娩に
ついて語りたいと思います。

1ヶ月も過ぎてないのに出産の痛みを忘れる? って、
意外かもしれませんが・・

『無痛分娩』 は本当に楽だったのです!! 
出産後、すぐに2人目産めるわ〜♪ っと、思ったくらいですから。

もちろん、全くの無痛ってわけではないですが、かなり痛みが軽くなります。
正確には 『硬膜外麻酔』 をすることで知覚神経だけを麻酔してもらうことになり、子宮収縮を
損なわずに痛みだけをさえぎります。

しかし、病院に行って麻酔をしてもらうまでは陣痛の痛みに耐えなくてはいけません。
私の場合、初産だったので陣痛が5分間隔になるまで自宅待機。
病院に到着してからも、先に手術室で分娩がおこなわれていて・・・
(月に10人しか分娩扱わないのに重なるなんて・・)
先の人が出産するまで病室で待機。

この間の陣痛はキツかったぁ〜この痛みが数時間続くなんて耐えれない!
陣痛のたびに旦那様に腰を押してもらい耐えること2時間ぐらい。
その後、麻酔をしてもらえる時には 『腰への注射』 の恐怖よりも陣痛の苦しみが軽くなると
思うと嬉しくて・・

麻酔後、病室に戻るころには 『これ陣痛?』(・_・)....?
そんなくらいに痛みが軽くなっていました。 ちょうど、お昼ごはんが運ばれてきていたので、
体力つけなきゃ〜♪ パクパクいただきました。

ただ、子宮口が全開になり分娩室へ移動する前は痛みが強くなってしまいました。
でも、麻酔前の5分間隔に比べたら・・・マシなんですよ〜

分娩室へ入ってからは痛みよりも、イキむ時の呼吸が大変でした。
立ち会った旦那様曰く、『血管切れそうな顔してた』そうです。
旦那様は立ち会い出産を嫌がってた割に冷静にビデオをまわし、まるで研修医。
私の方が『顔がみえてきましたよ〜』っと、言われても目をつぶったまま・・・

何回イキんだか忘れましたが、王子の元気な産声を聞いてホッと&スッキリしました☆
本当に臨月はお腹が重かったから、スッキリ感の方が強かったかも?

そんなこんなで分娩室へ入って30分ぐらいで出産でき、産後も麻酔のおかげで疲労が
少なかったからか、かなり元気でした(*^-^)b

出産予定のある方には本当に『無痛分娩』をお勧めしますよ☆
(ただ、料金upしますけどね・・)


[PR]

by erin731006 | 2008-03-03 15:26 | 子育て